生きるためのブログ

妻と息子の3人家族の普通のサラリーマンのライフハック

何のために働くの?

殆どの人はにとって、仕事は人生の大半を占めています。大卒で22歳から65歳まで働いたとして、43年は働いていることになります。況してや、老後生活は年金だけ手間は賄えない場合はパートタイマーとして更に働くことになるでしょう。

何のために働くの?

働く目的は人それぞれです。私の場合、社会人になり5年が経ち、仕事に対して年々まじめになっている気がします。私が今の時点で考える仕事の意味は、

  1. 家族のために働く
  2. その企業のお客様のために働く
  3. その企業の仲間のために働く

誰か(家族、お客さん、同僚)のために働くという意識があれば多少理不尽なことがあっても乗り越えられると思っています。

社会人3年目くらいまではしんどい、けれども何か得られるものがある

自分の好きな仕事が自分にとって最適な仕事とは限らないと思います。ミスマッチでその会社もしくは部署に入ってしまったと気づいたなら、なるべく早い段階でその会社は辞めるべきだと思います。(勿論、事前にその会社とは相談が必要ですが)

ただ、今しんどいけれど、頑張ってみたら何か得られるものがあるのではないか?と思えたらその仕事を続けてみる価値はあります。

スペシャリストになろう

私が仕事をする上で心得ている事は、どんな分野でも良いのでスペシャリストになる事です。

カスタマーや会社にとって最も必要にされるのはスペシャリストです。その会社でトップに行くにはゼネラリストであることも重要になりますが、絶えず社会に価値を提供し続けるにはスペシャリスト的な能力が必要です。

時にはカスタマーや会社のメンバーと飲み明かそう

社員はロボットではないので、皆息抜きが必要です。コミュニケーションを絶えず取り続ける事は良い会社を創るのに重要です。

カスタマーから感謝されているなら素晴らしい

どれだけカスタマーに価値を提供し続けることができるかでその個人、会社の偉大さが決まります。カスタマーの言いなりは良くないですが、常に価値ある物やサービスを提供する精神があれば、結果は後から付いてきます。

 

皆さんの働く意義は何ですか?

私は今社会人6年目。技術の研鑽と価値の創出について考え続けて行きたいと思います。